2月17日【満月参りで運気上昇!氷川三社めぐり】

2022年2月17日【満月参りで運気上昇!氷川三社めぐり】

神社ツアー開催のお知らせです。

 

毎月、1日と15日に神社にお参りに行く方は多いと思います。

でも本当は、明治時代までは新月と満月にお参りに行っていました。

旧暦では、新月の日が月の始まりの日。
「月が立つ日」だから「ついたち」と言うのです。
漢字の「朔(ついたち)」は月が立つという意味なのですね。

そして、満月が15日。

なぜ新月と満月の日にお参りするのか、というと

新月と満月のときに太陽、地球、月は一直線に並びます。

3つの星が並ぶことで宇宙のエネルギーが強くなる。
それが、地球に降り注ぐのです。

そのようなことから、以前から時々気まぐれで新月の神社ツアーなどを開催しておりました。

今回は満月に大宮生まれの大宮育ちの私の地元、氷川神社をお参りしようということになりました。

↑男体社 「氷川神社」

そもそも「大宮」という地名になったのは大きな宮があるから、と言われていますが、

今は大宮市は無くなり…

さいたま市になってしまいましたけど。

大宮の氷川神社は氷川神社の総本社で、とても有名な神社です。

けれどあまり知られていないのですが、古来より一ノ宮氷川神社は三社あったといわれ、

「中川の中氷川神社(現・中山神社)」と「三室の氷川女体神社」を加えた三社が一ノ宮氷川神社と伝えられています。


この三社は、龍神伝説で結ばれ、奇跡的に一直線に並んでいる「光の道」と考えられていて、
元の見沼付近に位置するこの三社はある直線上に綺麗に鎮座していることから

太陽は夏至に西北西の氷川神社に沈み、冬至には東南東の氷川女体神社から昇るという、極めて意図的な配置だと伝えられています。

↑女体社「 氷川女体神社」

三社は男体社・女体社・氷王子社(簸王子社)とも呼ばれ、これに呼応した御祭神として、夫スサノヲ、妻クシナダ、子(孫、あるいは子孫)オオクニヌシを祀っています。

 

↑氷王子社 「中山神社」

 

↑中山神社にはとてもたくさんの御朱印があります

御朱印はさておき、満月は感謝、達成のとき。

氷川三社を巡ってその感謝の気持ちを宇宙に届けよう!

そうすると、きっと運気は更に上向きになりますね。

そして、その後は第二のお楽しみ、ランチタイム。

こんなものとか…

 

こんなものも食べられますよ(^^♪

 

私とパワースポットアドバイザーhiroshiさんと一緒に、満月の日にパワーアップ、運気アップ、、

みんなで世界平和、健康などなど、願いを叶えましょう。

今回も同行してくれるhiroshiさんはこちらに登場しています↓

 

【満月参りで運気上昇!氷川三社めぐり】


《集合》2月17日(木)AM9時30分 大宮駅西口、ジャック大宮付近

《募集》5名様

《参加費》3000円(昼食代は各自お願いいたします)

*参加費は当日いただきます


*ご参加にあたって

自動車にて移動となりますので「密」を避けたい方、

昼食は会食となりますので、「会食」を避けたい方はご遠慮くださいませ

 

お申込みは専用フォームがございますので

こちらからお願いいたします↓↓↓

お申込み専用フォーム

では、お申込みお待ちしております♡

ページ上部へ